上手な休憩の仕方! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 4月 21日 上手な休憩の仕方!

こんにちは!担任助手一年の村野です。

ここ三日間で急に真夏のような暑さになって

着るものに悩みますね~、、、

 

さて、みなさんは休憩時間をどのように過ごしていますか?

甘いものを食べたり、音楽を聴いたりと

人それぞれだと思います。

焦っている人によくあるのは

時間無いから休まず勉強しなきゃ!

とても危険です!

休憩は勉強効率を維持、

もしくは向上させるために必要なことです!

そこで2つのリフレッシュ法を紹介します。

 

①散歩する

 

東進にこもっていると、外の空気も全然吸えないですし、

運動といっても受付まで歩くというくらいじゃないでしょうか。

そこで私は勉強にひと段落ついた後や、

お昼後の眠くなった時に

外の空気を吸うのも兼ねて東大周辺を

散歩していました。

勉強の合間に運動(ウォーキング程度)すると

ストレス解消になり、凝り固まった筋肉をほぐして

脳の血行が良くなるそうです。

また、暗記学習の際に運動をすると

吸収率が上がると聞いたので、

どうしても覚えられないものは

散歩しながら呪文のように唱えながら

歩いていました(笑)

 

②短い睡眠時間をとる

 

人間は夜寝る以外で必ず一日のどこかで睡魔に

襲われる時間帯があると言われています。

睡魔に勝って勉強を続けるよりも

眠くなったら潔く眠る

というメリハリが重要です!

また、睡眠をとる上で

気を付けなければならないことは

時間です!

人間は20分以上の睡眠をとると

寝るモードになってしまうそうです。

タイマーで15分程度をセットし、

熟睡防止のために

参考書などの硬いものを敷

といいと思います。

 

勉強上手は休憩上手

という言葉があります。

休憩のタイミングや時間のコントロールが

上手く出来る人は

勉強の質が普通の人より格段に高いです。

勉強時間と同じくらい大切な休憩に一工夫加えて

効率を上げていきましょう!!