センター過去問日本史復習法 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 8月 17日 センター過去問日本史復習法

皆さんこんにちは!

担当助手1年の本間です!!

暑い日々が続いていますね。8月も半ばとなりセンターの過去問を解いている生徒も多いではないでしょうか?

ということで、今回は日本史の復習方法について話したいと思います!

マーク試験であるセンター試験、特に暗記科目である日本史等の歴史科目では復習の際に、答えの単語を見て、解説を読んで、暗記の方法が違っていただけだ!と思ってしまいがちですが、その方法は大変危険です!

その様な復習方法ではきっとまた同じ間違えを繰り返します。

では、see、plan、doという復習に関する観点からそれぞれ何をやればよいのかと言うと..

See (分析)→日本史での間違えの場合前後の繋がりや時代背景を上手く捉えられなかった為に失点をした場合が多いです。

自分が、どの時代の何の事柄の流れを掴めていなかったのかしっかり確認しましょう!

「一度勉強したはずなのに覚えきれていない」ということはその時代が苦手ということです!

教科書、テキストを読み直しましょう‼

Plan(計画) →何の教材を使うのか自分の中でしっかり決めましょう!

色々な教材に手を出すよりは、自分の中でこれ!と決めた1つを極めた方がいいです!

時代の流れを掴むなら教科書か東進のテキストを繰り返し読むのがいいと思います。

歴史が苦手で教材に手もつかないという人には歴史漫画がオススメです!

主要な出来事の流れを掴むにはもってこいです!

Do (実行)→立案だけで、行動しないと意味がありません。

しっかりと週間予定を作る時から復習に何分掛かるのか考えて時間を設定しましょう!

どの教科にも言えることですが、解く時間と同じか、それ以上の時間を復習に使う科目もあると思います!(特に二次試験)

予定を立てる段階からしっかり自分は復習に何分掛かるのか把握しておきましょう!

計画は過去問分析シートに書き込んだら、担当助手に提出しましょう!

テストを、しっかり分析し計画を立て実行する最高の復習を日々繰り返しましょう!

我々担任助手も全力でサポートします!