センター試験まであと9日!今すべき国語の勉強 | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 1月 5日 センター試験まであと9日!今すべき国語の勉強

こんにちは!1年の小林です。明けましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いします!

さて皆さん、センター試験まで残すところあと9日となりました。ついに残り日数一桁台となりました。

受験生のみなさんは今どのような勉強をしているでしょうか?多くの人が目前に迫ってきたセンター試験の対策をしていることと思います。

そこで今日は、この時期やっておくべき国語の勉強について書いていきたいと思います。

現代文:現代文は評論と小説とあり、分量としてはなかなか多いです。読解に時間をかけ過ぎてしまわない事が大事です。そこで、とにかく量をこなしていきましょう。時間を決めて、その時間内に高い正答率で正解できるように練習しましょう。

評論にしても小説にしても解き方自体に違いはありません。どんな文章が本番で来ても解答できるように自信がつくまでやりましょう!

古文:古文の問題を解くにあたっての基本はやはり古文単語と文法事項です。この二つを覚えていれば文章を読み解くことが出来ます。直前期の今やっておくべきことは覚えきれていない単語、文法の確認です。古文の問題には単語の意味や文法的意味がわかりさえすれば選択肢を一気に絞ることができることがあります。ということで、単語、文法ともに不安な部分の確認は不可欠です。

漢文:漢文は国語の他の問題に比べると問題の難しさにばらつきが出ません。ですので、確実に高得点を狙っていきたい分野です。また、国語は現代文に時間を要するため時間をかけずに解答するのもポイントです。やるべきこととしては問題を多く解き解答時間を短くすること。その後復習する際に、正確に読み切れなかったり覚えていなかった項目を集中的に覚えなおすといった作業をこなしましょう。

古文漢文に関しては知っておくと有利な歴史や常識なども一通りおさらいしておくことをお勧めします!

以上が国語についての勉強法です。とにかく時間配分が重要な教科です。本番で、終わりきらなかった・・・ということがないように残り期間でやれる最大限の努力をしましょう!