アウトプットの大切さ! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2018年 4月 25日 アウトプットの大切さ!

こんにちは!担任助手1年の山口です。

最近は気温の寒暖差が激しく、体調を崩しそうな気候ですね…

手洗いうがいなどをして、体調管理には気を付けたいものです。

 

さて、今日のブログのテーマはアウトプットの大切さです。

 

例えば皆さんが英単語の勉強をしようと思った時に、

多くの人は単語帳を眺めようとするのではないでしょうか?

もちろん、単語の勉強に単語帳は非常に有効です。

しかし、それはあくまでインプットの学習であり、それだけで単語を「覚えきる」ことは難しいです。

事実皆さんも、ある単語は何度見ても覚えられない、という経験をしたことがあるのではないでしょうか?

これでは勉強効率が悪く、時間を浪費してしまいます。

 

そこで大切なのが、アウトプットの勉強です!

アウトプットの勉強は、単語を書き取ったり問題演習をしたりと形は様々ですが、

一番大事な点は「自分の手を動かす」ということです。

覚えたり理解した内容をしっかりと自分の手で書き出し、確実に自分の記憶に定着させる。

これによって、忘れにくい長期記憶が形成され、頑丈な知識の土台が形成されるのです!

 

皆さんも意識的にアウトプットの勉強時間を取り、効率の良い学習を目指しましょう!