「睡眠の秋」に打ち勝て! | 東進ハイスクール本郷三丁目校|東京都

ブログ

2017年 9月 8日 「睡眠の秋」に打ち勝て!

こんにちは!
担任助手2年の田中です!
 
今日は母校の文化祭に行って来ました!
中高生はとてもエネルギッシュで、元気をもらえました(笑)
文化祭や体育祭などイベントが多いシーズンに入っていくと思いますが、上手く勉強と両立しながら頑張っていきましょう!
 
さて、話は変わって、
皆さんは「秋」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」…などなど、
「◯◯の秋」というのはたくさんありますね!
 
数ある「◯◯の秋」でも、もしここで、「睡眠の秋」を思い浮かべた人がいたら要注意です!!!
 
秋というのは、
受験生にとっては、2次試験の過去問演習や、志望校対策に特化した講座の受講を進める大切な時期ですし、
高2以下の皆さんにとっても、長期休み明けで学校行事も多く、限られた時間の中で勉強も進めていかなくてはならない難しい時期です。
 
そんな重要な「秋」ですから、勉強中の居眠りは大敵です!!
 
ということで、今日は「勉強中の居眠り対策」についてお伝えできればと思います!

①休憩時間をしっかり取る!

勉強時間を意識してスケジュールを立てる人は多いと思いますが、休憩時間まで意識している人は少ないように感じます。

「想定外の睡眠=居眠り」は避けるべきですが、自分でスケジュールに組み込んだうえでの休憩は良いと思います!

もちろん、むやみやたらに休憩して良い、という訳ではありませんが、何時間も休みなく勉強し続けると、集中がかえって効率が悪くなってしまいます…!

したがって、例えば「1時間半勉強したら15分休む」など、定期的に休憩を取りしっかり脳を休めるというのは重要です!

しっかり心掛けていきましょう!

(ただし、「脳を休める」ための休憩時間ですから、スマートフォンなどを操作するなど眼を疲れさせることは避けましょう!)

 

②スケジュールを立てる時点で、眠くならないように配慮する!

スケジュールを立てる時点である程度眠気を予防できる、ということもあると思います。

例えば、英語の勉強があまり好きじゃないという人は、昼食後の眠くなる時間帯には英語の勉強は避けたり、眠気を覚ますために音読をするなどの予定をあらかじめ立てて工夫しましょう!

自分が実際にスケジュールを実行していく時に集中力が保って勉強できるかどうか考えるのが重要です!

 

 

 

③ウトウトしてきたら移動する!

「ウトウトしてくる」というのは、そこで勉強場所を変えたり、少し気分転換を図るべきだという体からのサインです!

いつの間にか寝ていた、ということにならないように移動するように心がけましょう。

ウトウトしてくる前の兆候としては、ひじをついたりなど、自分の体を座るだけで支えきれなくなってきたら要注意です!

お手洗いに行って顔を洗ってきたり、少し外の風に当たってきたりして眠気を覚ましましょう!

 

いかがだったでしょうか?

「勉強中の居眠り」というのは、多くの人が悩む問題だと思います…!

このブログを参考にして、予定通りの学習を進めていきましょう!!!